セル結合は禁止!って言うけど、別にいいんじゃない(笑)

ネットでよく見かけるのですが…。

Excelでは、
絶対、セル結合禁止!

こんな悲鳴にも似た発言。

それ、パワークエリならクリックで速攻解決しますよ、って話。

セル結合が嫌われる理由

セルが結合されていると、パソコン側が上手にデータを読み取ってくれません。

セル結合された表(セルA3とA4など)

だから、1件のデータは、横1⾏で表記しなければならない。

よって、セルの結合を⾏ってはいけない、ということになります。

既にセル結合されている場合の従来Excelによる対処法

VBAで一生懸命やっているのを先日も見かけました。

ご苦労様!

もちろんVBAでもできますよ。

できますが、かなり面倒で、コスパが悪い。

だから、こう大号令をかけるのが従来までの対処法でした。

セル結合をするな!

モダンExcelならば、クリックで速攻解決できますよ!

パワークエリというモダンExcelを使えば、セル結合なんて朝飯前!

クリックだけで速攻解決できますよ。

セル結合を解除する方法を説明するよ!

Excelから該当する表やテーブルをパワークエリに取り込む。

すると、セル結合が解除され、その部分の最上部にセル結合時のセルの内容が残り、そのほかは「null」となります。

「null」はデータがないことを意味しますが、この「null」をその直前のセル内容で満たす=「フィル」してあげればよいわけです。

「1列1項目」のきれいなデータに整理=「正規化」できたら、Excelに当該データを読み込めばよいだけ。

簡単!

(※)音声なしの動画でご確認ください。

モダンExcel研究所

フォローお待ちしてます!

error: Content is protected !!