第12回 データ分析に必須! リレーションシップ

Power Pivot for Excel(以下、パワーピボットと呼びます)の[リレーションシップ]という機能は、複数のテーブルを用い、これまでにない複雑なデータ分析を可能とし、新たな洞察を私たちに与えてくれます。

リレーションシップを使うための前提

パワーピボットの[リレーションシップ]を使用するには、第10回でご説明したように、ベタ打ちの「表」をCtrl+Tで[テーブル]に変換する必要があります。

そのうえで、パワーピボットにテーブルにしたデータを読み込みます。

まず、ベタ打ちの表を、Ctrl+Tでテーブルに!

リレーションシップの作成方法①

パワーピボットにデータモデルを読込後、テーブル間の[リレーションシップ]を作成します。その方法は大別して二つあります。

一つは[デザイン]タブの[リレーションシップの作成]というアイコンをクリックするという方法です。図表1では、販売データ(fTransaction)の“アイテム”列をクリックして選択し、これと同じ内容を含むアイテムデータの“アイテム”列をクリックして選択することで、相互に関連するテーブルと列としてリレーションシップを作成しています。

図表1 リレーションシップの作成

リレーションシップの作成方法②

[ダイアグラムビュー]という機能を使い、リレーションシップを作成することもできます。個人的にはこちらの方が便利だと思います。というのも、リレーションシップの関係をビジュアルで確認でき直感的にわかりやすいからです。

パワーピボットの[ダイアグラムビュー]というアイコンをクリックすると、図表2のように各テーブルが配置されます。ここで、リレーションシップを取りたい一方の項目をクリックします。

クリックしながら別のテーブルにマウスポインタを移動すると線が出てきますので、リレーションシップを作成したい項目のところでクリックを離します。これでリレーションシップを作成できます。

図表2では、販売データ(fTransaction)という“ファクトテーブル”の周りに、予定表(いわゆる、“カレンダーテーブル”)、アイテム、営業担当者、地域、カテゴリーという“ディメンションテーブル”を配置し、後述する“スタースキーマ”というデータモデルにより、各リレーションシップの関係をパワーピボットの[ダイアグラムビュー]という機能で図示しています。

図表2 スタースキーマを示す、ダイアグラムビュー

単純なデータ連携はVLOOKUP関数などでもできます。

しかし、図表2のような複雑なデータ連携の場合、パワーピボットのリレーションシップを使う必要があります。

今回のポイント

・パワーピボットにデータモデルを読込後、テーブル間の[リレーションシップ]を作成すれば、複雑なデータ分析が可能となり、新たな洞察を得られるよ


・[リレーションシップ]を作成するには、[デザイン]タブの[リレーションシップの作成]もしくは[ダイアグラムビュー]という機能を使うよ

モダンExcel研究所

フォローお待ちしてます!

1件のピンバック

コメントは現在停止中です。

error: Content is protected !!