もらったデータは、繋ぎ直して使う

パワークエリで処理したデータをもらったのだけど、エラーが出て困っています…。

こうしたコメントをネット上でよく見かけるので、「データソース設定]について解説

レガシーエクセルは「セル」思考

これまでのエクセル、言うなればレガシーエクセルは、1列に様々なデータを入力できる。

例えば、A列に次のような複数の項目があっても、問題なし。というよりも、これが普通の使い方。

セルA1に文字列、セルA2に整数、セルA3に数式

エクセルは、表計算ソフト。
つまり、「セル」思考。

パワークエリは頑なに「列」思考

対して、モダンExcelは「1列1項目」が大原則。

モダンExcelの主要ツールの一つであるパワークエリも、以下同文、かなり頑固で曲がったことが大嫌い。

モダンExcelは「列」思考。よって、「1列1項目」のデータだけをデータとみなす!

今回解説する内容も、そんなパワークエリの性格の一側面を表している。

データの場所を教えてあげる必要がある

ETL(データの抽出・変換・読込)済みのエクセルファイルを入手した場合、接続先を変更する必要もある。拙著「モダンExcel入門」で紹介する通称「フォルダー接続」もそう。Power Queryの「フォルダーから」というコネクターを使っているのだが、元のフォルダーと新たなフォルダーの場所が違うので、場所をPower Queryに指示してあげる必要がある。

動画では、ETL済みで既存クエリのある経営ダッシュボード作成用のxlsxファイルで、「フォルダー接続」するフォルダをDドライブに置き、既存クエリを開き、[データソース設定]でデータ接続しなおす際の解説をしている。ご参考まで。

(※)動画には音声がありません。

■■■■■

「正しいモダンExcel」の使い方の基本を学ぶには、Power Query(パワークエリ)とPower Pivot for Excel(パワーピボット)の両者を「一体理解」する必要があります。
ぜひ、拙著「モダンExcel入門」(日経BP)で学んでみて欲しいと思います。
サンプルデータで、実際に手を動かしながら、理解を深めることもできます。参考にしてください。

■■■■■

モダンExcel研究所

フォローお待ちしてます!

error: Content is protected !!