UNIQUE関数

「一意の値」にする便利な関数。ただし、M365、エクセル2021など限定。
レガシーエクセルに随分前から存在する「重複の削除」との比較を通じ、理解を深めると良い。

UNIQUE関数

UNIQUE 関数は、一覧または範囲内の一意の値の一覧を返す。

UNIQUE 関数一覧または範囲内の一意の値の一覧を返す、UNIQUE 関数について説明します。 UNIQUE は、動的配列と呼ばれる関数のクラスに含まれます。
UNIQUE 関数 support.microsoft.com
UNIQUE 関数

重複の削除

レガシーエクセルには「重複の削除」という機能が随分前から存在する。

重複しない値を抽出する、または重複する値を削除する一意の値をフィルター処理し、重複する値を削除し、一意または重複する値を条件付きで書式設定Excel。
重複しない値を抽出する、または重複する値を削除する support.microsoft.com
重複しない値を抽出する、または重複する値を削除する

両者の違い

「UNIQUE関数」と「重複の削除」の違いは、「データの型」の要否にある。

UNIQUE関数は「形無し」でも対応可能。

対して「重複の削除」は「型指定」をしてから「重複の削除」を実行する必要がある。
「型指定」をしない場合、「重複の削除」はそれぞれのデータ型で「見た目が同じデータ」を「違うデータ」として扱う。たとえば、「数字型の888」と「文字列型の888」は別物として扱われる。
これを「バグ」だと主張するヒトもいるようだけど、そもそも「形無し」が原因なのであり、「バグ」ではない。

モダンExcelであれば「データ型」を指定するのが当たり前。そうしないと、計算できないから。
一方、レガシーエクセルは一般的に「形無し」とするのが慣例、これでも計算はできてしまう………。
これを機会に、レガシーエクセルでも「型」の重要性を再認識すると良いと思う。

基本が大切。

■■■■■

「正しいモダンExcel」の使い方の基本を学ぶには、Power Query(パワークエリ)とPower Pivot for Excel(パワーピボット)の両者を「一体理解」する必要があります。
ぜひ、拙著「モダンExcel入門」(日経BP)で学んでみて欲しいと思います。
サンプルデータで、実際に手を動かしながら、理解を深めることもできます。参考にしてください。

■■■■■

モダンExcel研究所

フォローお待ちしてます!

error: Content is protected !!