OfficeスクリプトとPower AutomateでExcel方眼紙から読み取り、保存(その2)

前回から深化させた。

OfficeスクリプトとPower AutomateでExcel方眼紙から読み取り、保存(その1)元ソース こんなツイートを見かけた。 https://twitter.com/hrfmjp/status/1545271786891526144?s=20&t=wlc8WOdNBips0QrrLcOeXQ なるほど!Excel方眼紙も、自動化できれば活用でき…
続きを読む
 excel.value.or.jp
OfficeスクリプトとPower AutomateでExcel方眼紙から読み取り、保存(その1)

前回のフロー

前回は、テーブルをあらかじめ用意しておき、ここにデータを貯めるという算段。

今回のフロー

前回との違いは、保存用ブックにワークシートを追加作成し、ここにテーブルを新規に作成するという流れ。

Power Automateで作成したフローは、コピーできる。元のフローに追加して試す場合などで大いに重宝する。

一方、Officeスクリプトは「コードエディター」に作成済みのスクリプト(自動化のコード)が保存されており、他のブックで使いまわすことが可能だ。

Power Automateとofficeスクリプトの自動化コンボ、これはすごい可能性がある。

ワークシートの作成

設定は次のとおり。

テーブルの作成

設定は次のとおり。

表に行を追加

設定は次のとおり。

実行

1件、5秒程度でデータを保存完了。期待通り。

OfficeスクリプトとPower Automateのコンボ。
可能性は無限大だ!

■■■■■

「正しいモダンExcel」の使い方の基本を学ぶには、Power Query(パワークエリ)とPower Pivot for Excel(パワーピボット)の両者を「一体理解」する必要があります。
ぜひ、拙著「モダンExcel入門」(日経BP)で学んでみて欲しいと思います。
サンプルデータで、実際に手を動かしながら、理解を深めることもできます。参考にしてください。

■■■■■

モダンExcel研究所

フォローお待ちしてます!

error: Content is protected !!