先頭「000」を省かずに入力する

「000123」と入力しても、先頭の「000」が省かれ「123」となってしまうのを回避し、「000123」と入力した状態を維持する方法

「’」で対処する(一般的な対処法)

「000123」と入力すると「123」となってしまう。
これを回避するため、強制的に「文字列」にする方法がある。
「000123」の前に「’」(シングルクォーテーション)を付ければ「文字列」にでき、「000123」と入力できる。

「先頭のゼロを解除して数値に変換する」をオフ

「Excelのオプション」「先頭のゼロを解除して数値に変換する」をオフで「000123」と入力すると、図のように「000123」と入力できる。

ひとつ前の図の数式バーでは「’」が「000123」の前に付加されているのに対し、上図は「000123」のままとなっているのが分かる。
これは、下記のように設定すればよい。

基本が大切。

■■■■■

「正しいモダンExcel」の使い方の基本を学ぶには、Power Query(パワークエリ)とPower Pivot for Excel(パワーピボット)の両者を「一体理解」する必要があります。
ぜひ、拙著「モダンExcel入門」(日経BP)で学んでみて欲しいと思います。
サンプルデータで、実際に手を動かしながら、理解を深めることもできます。参考にしてください。

■■■■■

モダンExcel研究所

フォローお待ちしてます!

error: Content is protected !!