社会人のエクセル基礎は、この3つだけ!

Excelを苦手にする人が多い!という事実

社会人は、色々なことを「学ぶ」必要があります。

まずは、マナー。名刺交換のしかた、上座・下座の区別、最近は「〇〇ハラ」にも気をつけなければいけない! 

情報漏洩や、近年急増中のBECビジネスe-mail詐欺にも留意が必要!

上場企業グループであればインサイダー取引なんてことにも注意が必要!

こうしたことに巻き込まれないよう、コンプライアンスやガバナンスなどに関する知識を習得しておく必要もあります。

大変な時代だけど、一つずつね!

モダンExcel研究所的には、なんといっても「Excel」の知識を身につけて欲しいと思いますが、そもそもExcelの関数だけで、およそ500もあります。

500も!

そのほか、ピボットテーブルのような機能や、VBAによるマクロ、ソルバーやゴールシークなどのちょっと特殊な機能もあったりします。

「ショートカットも覚えろ!」って、巷で騒がれているし、モダンExcel研究所でも取り上げるPower QueryやPower Pivotもあるし、最近ではOfficeスクリプトなどの新たなツールも登場しているし…。

どこから勉強すればよいにゃ? 何を理解すればよいにゃ?

こんなツイートを見かけました。

テーブル、VLOOKUP、ピボットテーブル。

まずは、この3つというのは同意!

まさにそのとおりで、社会人にExcelは必須ですが、本当に色々なことができるが故に、どこから? どうすれば? ということがあるわけでして、その回答の一つが上記3つ!

そして、こんな方もいます!

「世界最高齢の総務部員」90歳のエクセル達人が放つ"IT嫌い"がぐうの音も出ない言葉 社長が生れる前に入社の超ベテラン

「世界最高齢の総務部員」90歳のエクセル達人が放つ”IT嫌い”がぐうの音も出ない言葉 社長が生れる前に入社の超ベテラン | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

90歳でもExcelを使いこなすなんて、すごいよね!

ということで、モダンExcel研究所的に「Excelを、これから始めたい!」「本当に大切なExcelの機能や関数って、なに?」という方向けにおススメなのは、次の3つ。

「ピボットテーブル」「VLOOKUP関数」「テーブル」、これら3つからExcelを勉強してみると良いと思うのであります!

ピボットテーブルは、経営管理ツールだ!

ピボットテーブルは、BI(ビジネスインテリジェンス)ツールの基本形です。

ピボットテーブルを知らずに、社会人を名乗ることはできない!(笑)

VLOOKUP関数は、関数の王様だ!

上述のように、Excelには、なんと約500もの関数が用意されています!

Excel 関数 (機能別) – Office サポート (microsoft.com)

中でもよく使う関数の一つが、足し算するときに使う「SUM関数」でしょう。

でも、こんな上司もいるようでして…。

そもそも、Excelの関数や機能、ショートカットキーなど、すべて覚えるのは現実的ではありませんし、必要もありません。

日常的に使う関数や機能をしっかり理解することが、Excelを使いこなす近道です。

中でも、関数の王様「VLOOKUP関数」をマスターすることは、Excelと仲良しになるために必須です。

テーブルは、データベースの基本だ!

Excelが「表計算」、Accessが「データベース」という具合に、これまで長らく区別されてきました。

しかし、「モダンExcel」の登場により、ExcelでAccessチックなことができるようになり、Excelを「データベース」として取り扱う場面が増えつつあります。

そうすると、ExcelでもAccess同様に「1行1項目」「1列1項目」のいわゆるデータベース形式に整える必要があります。その基本形が「テーブル」機能です。

データベースを前提にしたExcelでは、「ベタ打ちの表」と呼ばれる「範囲」(表)ではなく、「1行1項目」「1列1項目」の「テーブル」にする、という思考回路が必要になります。

そして、この「テーブル」を理解することで「モダンExcel」の入り口にたどり着くことができるのです。

「テーブル」を使えば、集計ミスもなくなります。

テーブル、VLOOKUP、ピボットテーブル。
この3つを理解しよう!

モダンExcel研究所

フォローお待ちしてます!

error: Content is protected !!